【学生向け】それ本当に意味あるの?僕は絶対しないよ、スキマ時間勉強方法

Sharing is caring!

リューです!

 

スキマ時間で勉強をすることはとても大切だと思います!

たかがスキマ時間、されどスキマ時間。

 

小さな積み重ねは大きな結果につながることでしょう!大いに賛成。

 

ですが、スキマ時間活用すべきという概念を過度に取り入れすぎて、

勉強は愚か、自分の身を危険に曝すようなことまで平気でやっている人が多いように感じます。

 

電車の中で参考書・問題集

私は大学生になって、電車通学で通うようになりました。

当然、中学生や高校生と通学を共にするわけですが、

「電車内での勉強」を毎日目の当たりにします。

スキマ時間を活用する方法の代表格ですね!

 

でもとにかく勉強をすればいい思考の学生さんが多いように感じます。

 

その日の小テストで出題される英単語ならまだしも、数学の問題集をシャーペンで解く人がいたりするのです。

それも立ったままで電車の揺れに耐えながらです。

じーっと見ていると、全然シャーペンが動いてないんですよ。

 

…果たして意味があるのか。

意識はほとんど「電車の揺れに耐えるべく足に力をいれる」ことに向いていると思うんです…

 

また、朝の電車って通勤している社会人も多くいるわけで、決して快適な空間とは言い難い狭さ。

にも拘わらず重たそうな参考書で勤勉に活動をする学生もいます。もちろん直立状態。

全く勉強の意味は為さないでしょう。

 

そんな勉強したければ席に座れた時だけにした方が、周りに迷惑をかけないし自分も楽だと思います!

 

芸人の宇治原さんも「京大芸人」の中で、「絶対電車内では勉強をしない」と語っています。

 

彼の理由は、移動時間を脳の休憩時間として捉えていて、電車内では窓の外の緑を探してリラックスされているそうです。

 

どうしても座れないならリスニングをするなど、他の勉強法を取り入れた方がいいと思います!

 

 自転車をこぎつつ勉強(本当に危険!)

自転車で移動中も勉強したい人がしがちなのが、「イヤホンでリスニング」

 

片耳ならともかく両耳にイヤホンをしながら自転車を運転するのは危険すぎます!

車に轢かれても衝突事故しても自己責任だと思います!

むしろ車の運転手がかわいそうです…

 

取り締まる警察官がうんざりする気持ち、すごく分かる。

 

イヤホンで聞いている音声が英語のリスニングだったとしても、そんな勉強意味ないです。

 

スキマ時間、自分ならこう使う(使っている)

 

どうしても通学時間でスキマ時間を使いたい人に提案したい勉強方法は、「アウトプットの時間」にしたらいかがでしょうか?

 

単語帳を見るにしてもリスニングをするにしても、頭の中に情報・知識を入れていることでは共通してます。

普段家で勉強するときも学校で授業を聞いているときも、インプットの時間がどうしても優位になっている。

 

だったらスキマ時間くらいは自分で知識を脳から引っ張りだせるかを確認する時間に充ててもバチは当たらないかと。

 

例えば、今度のテストでDNAに関連する範囲が出題されるのであれば、

電車の中でも自転車に乗っているときでも塩基やDNAの構造を思い出してみるのです。

 

これなら頭の中だけで思考するので、周りの環境に影響されません。

 

自転車をこぎながらボーっとするのは少し危ないで注意が必要ですが・・・

 

 

実際に私もよくします。電車では目をつむりながら。

ひたすら考える時間に充てていますね。

 

あ、もし席に座れたら読書をしていしています。

 

 

アウトプットが充分できない人は、いざテストの時になってもペンが動かないですよ。アウトプット本当に大事!

思い出す訓練ですね。

 

以上、リューのスキマ時間活用法でした~!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!