【就活】サポーターズ開催エンジニア1on1面談イベントに参加しました!という記録

サポーターズ1on1面談

Sharing is caring!

リューです!

 

ちょっと前の話になりますが、2019年6月22日にサポーターズ主催のエンジニア1on1面談に参加しました!

イベントの流れや参加してみた感想を書きたいと思います!

 

そもそも「1on1面談」って何?

1on1面談とは読んで字の如く、自分一人対相手一人で面談をするというものになります。

最近では主にIT系の企業で1on1ミーティングという形式をとっているみたいです。自分と上司、あるいは部下など。

とりわけアメリカのシリコンバレー(一回でいいから行ってみたいな)では1on1ミーティングの文化が根付いているみたいで、それを聞くとIT系企業で広く取り入れられているというのは納得ですよね!

 

そして私が参加した1on1面談というものは、「エンジニア志望」の就活生(自分)と「実際に現場で働く有名企業のエンジニアあるいは人事」(相手)との面談になります!

このイベントは既に何回も開催されており、サポーターズといえば1on1面談っていうくらい有名なイベントとなっています。

サポーターズについては検索するか、以下のリンクをクリックしてホームページを覗いてみてください

サポーターズ

サポーターズ1on1面談の概要

まずこのイベントの特徴として「複数社のエンジニアと直接対談ができる」ということが挙げられます!

相手は社会人で、会社の利益のために日々働いているエンジニアですから、エンジニアにしかわからない苦楽を直接聞くことができます。

 

また企業の人は、エンジニア志望の学生が学生時代のうちにするべきこと意識するべきことを親身に教えてくれます。

なぜなら、1on1面談に参加している企業側の人は「エンジニアとして有能な芽をもった学生を採用したいと思って参加しているから」です!

学生側のメリット

  • 現役エンジニアから生の声を聞ける
  • 社会人と対話する練習になる
  • 十分な交通費が支給される
  • 同じエンジニア志望の学生仲間が増える(参加回によりけり)
  • 相手に自分をアピールする練習になる
企業側のメリット

  • 効率よく優秀な学生を探せる
  • 学生がどんなインターンシップに興味があるかを測れる
  • 若者からパワーがもらえる(?)

サポーターズ1on1面談に参加しようと思ったきっかけ

私が「サポーターズ」という存在を知ったのは、同じ長期インターンシップに参画している同級生からの紹介でした!

 

同級生はエンジニア志望なので、このようなサービスを駆使しているみたいで、紹介してもらいました。

 

自分はWeb系エンジニアとして就職するか化学工学ベースの生産技術職として就職するか迷っていたのですが、Web系の世界を見ておきたいと思ってサポーターズに登録しました!

 

登録してから1週間くらいで1on1面談のお誘いをいただくことができて、電話で簡単な面接のようなものを受けて、参加が決定しました!

聞かれたことは研究室・プログラミング経験・エンジニア志望度・将来の夢みたいな感じだったと記憶しています。

化学工学専攻の私でも参加できたので、情報系の学生でプログラミング経験もそこそこあれば全然参加できるイベントなのでは?と思います!

サポーターズ1on1面談の流れ

私が参加した回は、京都四条にある京都オフィスでの開催でした!

午前10時に集合してイベントの流れ説明を受けて、各社2~3分くらいの紹介プレゼンがバーっと駆け足で繰り広げられて午前中は終了!

 

午後は各社の人と1対1で面談、ひたすら面談、18時くらいまで面談(個人差あり)、その後は配達されたピザとお酒などの飲み物を囲んで懇親会、という流れで全プログラムが終わります。

 

面談のところで「個人差あり」としているのは、人によって面談する会社の数が異なるからです!

というのも、午前中のショートプレゼンを聞いて、午後の面談希望を学生側が提示します。

その希望を見ながら企業側が面談予定を計画して、学生それぞれに面談表が提示されます。

 

1社あたり面談時間は30分ほど設けられていて、面談のない時間はフリータイムとして一人で作業をします!

私は面談のアンケートに回答したり、次の面談企業のことを調べたりしていました!

面談時には、スライドで自己アピールが必須(重要)

1on1イベントはただの面談だけではなくて、「自己アピールの時間」もきっちり設けられています。

各面談開始5分ほどは、企業の人に向けて自分を紹介・アピールする時間になります!

そのためのスライドを、イベント参加までに作成する必要があります。提出も求められます。(差し支えなければ、だった気もする。

 

簡単な自己紹介や趣味、プログラミング経験などをPowerPointにまとめて企業さんに向けて発表します!

発表と言っても堅苦しいものではなくて、自分が話している内容について相手が質問や感想をちょいちょい挟みながら雑談チックに会話をしていくみたいな感じでした。

 

最初はやっぱり緊張してしまったのを覚えています!

でも企業さんもちゃんとリアクションをとってくれるので話しやすかったのは間違いなかったです笑

 

私はがっつりプログラミングをやってきた人間ではなかったのでポートフォリオみたいなものがありませんでしたが、他の学生は自作のホームページとかゲームを相手に見せながら説明する学生もいました!

 

企業ウケがいいのは間違いなく「自分で作った何かがある」という人です!

なぜなら「アウトプットできる能力の証明」だからです。

 

 

なくてもこのイベント自体にはあまり支障はなかったように感じます!

まとめ:サポーターズ1on1面談はエンジニア界の複数人と直接話せる嬉しいチャンス!

ガチガチのエンジニア志望の人にとっても、やんわりエンジニアを志望している人にとっても、有意義なイベントだと感じました!

あと、隣の席の人が有名N大学院の同級生で彼も自分と同じで情報系以外の専攻者だったので、就活についての話で意気投合し、Facebookを交換する仲になりました!

 

交通費も満足にいただけて、エンジニア界の人とも話せて、同世代とも繋がれた1on1イベントは、自分にとってかなり有意義なイベントだったと思います!

迷っている人はぜひ参加希望を出してみては??

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!