【TOEIC】TOEIC受けるなら絶対やっておいたほうがいいって思った単語集

Sharing is caring!

リューです!

 

いきなりですが、今週末の日曜日に第227回TOEIC公開テストを受験する予定です!

現時点でベストスコアは720点!…ビミョーだし、2回連続で720点取ってます(´;ω;`)

 

次こそは受験料無駄にしたくないので、自己ベスト更新したいと思う次第です!

 

年明けからTOEICの勉強を本格的に始めて、模試を購入して毎日解き続けているのですが、

その中で、「え、この単語集に載ってる単語、めちゃくちゃ出てくるやん!」って強く感じた単語集があります。

 

それは、TEX加藤さんの「金のフレーズ」です!

ご存知の人も多いかもしれませんが!(笑)

 

 

もしいつかTOEICを受けようと思っていて、この単語集を知らなかった人はまず購入することをオススメします!

 

TEX加藤さんについて

 

TEX加藤さんは2010年よりTOEIC®TEST講師を勤められており、2011年~2013年のTOEIC公開テスト26回全て990点(満点)を記録している凄腕のTOEIC講師です。

金のフレーズはここ最近で出版されたわけではなく、数年前から朝日新聞出版より出版されているシリーズものです。

 

直近で言うと、2016年にTOEICは新形式に移行しました。

その後もTEX加藤さんは990点を連続で取得されています。

 

金のフレーズは、そんなTEX加藤さんが、実際の公開テストで出題されたものの中でも厳選した単語をギュッと凝縮した1冊です!

 

 

「TEXファイル」というものが存在する

 

これは、「TOEIC®L&R TEST出る単特急 金のフレーズ(2017年1月30日発行)」の244Pに記載されているものから引用しているのですが、

TEX加藤さんは毎公開テスト後に「TEXファイル」の製作に取り掛かっていたそうです。

TEXファイルとは、テストで出題された単語や正解に繋がる重要語句、印象に残ったフレーズなどをメモし、試験後にネット上に流れる情報を加味して精査し、それらをエクセルシートにまとめたものだそうです。

 

いわばTEX加藤さんによって、TOEIC出題単語エッセンスが凝縮されたファイルです。

 

このファイルを元に、金フレーズは製作されているそうです。

 

TOEIC受験後というと、私はほっと肩を下ろし、ノロノロと家に帰ってゆっくり休むのがお決まりです(笑)

 

そんな時、TEX加藤さんは受験会場近くのカフェでTEXファイル製作に精を出されていたことを思うと、とてもありがたい気持ちになりました。

 

TOEICは問題用紙が回収されるので、後で問題を見返すことは不可能なのです。

実際のテストで出た単語、それも解答のキーとなるような単語を思い出すことなんて私には到底出来ない気がします…(;^ω^)

 

そんなTEX加藤さんの努力の賜物が金のフレーズなんですね~

 

 

金のフレーズは「音声がダウンロードできる」からすごい便利

 

多くの単語集は、「音声はCDから音楽再生機器にインポートしてください」というシステムだと思うのですが、

私はCDが嫌いです。

なぜならCDが付いていたページが汚くなるからです。取りづらいし!

 

その点、金のフレーズにはCDが付いていません。

どうするかというと、ウェブ上から直接音声ファイルをダウンロードできるシステムになっています!

 

 

「音声なんか使わなくても単語は覚えられる」と思う人がいるかもしれません。

それは危険です!

何が危険かというと、せっかく単語の意味とスペルは覚えても、リスニングで流れてきたときに分からない可能性が高まるからです!

それに耳からも単語情報を入れた方が頭に残りやすいです。

 

だから私は英単語を覚える時は必ず音声も一緒に聴くようにしています!

 

新しい金のフレーズでは発音記号が掲載されるようになった

 

音声が再生できない状況で単語の勉強をするときは止むを得ず音声無しで勉強をします。

 

昔(2015年の2月に購入した金のフレーズ)は、単語の発音記号は載っていませんでした。

これは唯一の金フレの欠点だな~と思いながら勉強していたのを今でも覚えています。

 

ところが2017年秋に購入した金フレでは…なんと発音記号が付いているではありませんか!

これで音声が再生できないところでも勉強しやすくなりました。

 

またリニューアルを経る度に、出題頻度が高い単語のみを収録している傾向が高いように感じますね!

 

 

TOEICのスコアごとにセクション分けされてある

 

金のフレーズは大きく分けて4つ、「600点・730点・860点・990点レベル」で単語がセクション分けされています!

 

自分の現状のスコアに合わせて、あるいは目指している点数に合わせて勉強しやすいのもメリットの一つだと思います。

収録数がそんなに多くない

 

 

これはメリットにもデメリットにもなる部分かと思います。

 

メリット

・数が多くない分、全てに目を通しやすい

・達成感が得やすい

デメリット

・この単語集をやったからと言ってTOEICの単語全てを掌握できるわけではない

 

ならば他の単語集もやった方がいいのでは?と思うかもしれませんが、

取り敢えず1冊単語集が欲しい、という時には金のフレーズが一番オススメ!

 

 

最後に

 

この単語集を全て覚えるようにしてからは、模試を解くときに分からない単語に出会う頻度は激減しました!

正当数は7~8割くらいなので、本番も上手くいけば700点後半目指せそう!

 

TOEICの受験料は大学生にとっては馬鹿にならない金額なので、出来ることなら今週末の公開テストを就職前最後のTOEICにしたいものです(笑)

 

 

 

 

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!