【TOEIC】800点保持者が「リスニングセクション」で心がけている2つのこと

Sharing is caring!

リューです!

 

今週末の日曜日にTOEIC公開テスト(第227回)を控えております!

同日受験予定の方、お互い頑張りましょうね!

 

 

さて今回は、私がTOEICのリスニングセクションで心掛けていることを書きたいと思います。

 

 

TOEICリスニングセクションで心掛けている2つのこと

 

 

これまでTOEICを4回受験してきたのですが、リスニングセクションのスコアは495点中370~420点くらい!

ただリスニングで420点取れた時でさえも、リーディングと合わせて720点でしたから、どんだけリーディング弱いん・・・(;^ω^)

 

それはさておき、私がリスニング問題に取り掛かる時に心掛けていること。

それは、「音声を聞くときは目をつむる」ということと

「先読みしても問題文まで」ということです!

 

よくTOEICを受ける時のハウツー本などで、「リスニングセクションは先読みが大事」とか「マークはリスニングセクションが終わってから丁寧に黒く塗りつぶす」とか読んだことありますが、

part3.4で各問の選択肢まで読む必要はありませんし、リスニング終了後にマークしていたらリーディングセクションの時間が足りなくなると思います。

 

 

音声が流れているときは音声のみに集中すること

 

パート1~4まで、正解を導き出すために必要なものは「1度きりしか流れてこない英文音声」です!

これを聞き逃すと、TOEIC上級者でも高スコアを出すことはできません!

 

音声は1度きりしか流れないので、音声が流れてくるときには100%音声のみに集中するべきです。

 

なので私は、音声が流れてくるときには目をつむる、という習慣を身に付けています。

絶対問題文の選択肢は読まないし、目をキョロキョロさせたりもしません!

 

「じゃあパート1(写真描写問題)でも目を瞑るの?」と思われるかもしれませんが…つむります!

 

パート1の説明がなされているときに、順番は適当ですが6つ全ての写真を頭に入れてしまいます。

第一問の音声が流れたら目を瞑って流れてくる選択肢を確実に聞き取ります。

選択肢がどういう意味なのか、きっちり把握します。

その時点で明らかに違う選択肢は除外します。

 

ハッキリと意味が分からず、どうしても2択までしか絞れないときもありますが、

その時は悩んでも仕方ないので、どちらか一方をマークして次の問題に進みます。

 

音声は私たちがマークするのを待ってくれませんからね!

 

とにかく音声だけに集中するため、私は目を瞑るようにしています。

目から入る情報は約8割で、目をキョロキョロさせるだけでも意識は少し見ているものに向けられますから、

音声を聞き逃してしまうことが多くなります。

 

選択肢・図を見ておかないといけない気もしますが、音声が流れている途中に見る必要は全くありません。

音声が流れている途中にマークできるのが理想なのかもしれませんが、

私はまだそのレベルに到達できていません(笑)

 

 

問題の先読みは「せいぜい問題文」まで

 

パート3.4を解くに当たって、「次の問題文・選択肢の違いに目を通して流れてくる内容の目途を立てておくと聞きやすい」

と言われますが、目途を立てる必要なんてないと私は思っています。

 

目途を立てていても聞き取れないものは聞き取れません!

また、「先読みしなきゃ先読みしなきゃ」という気持ちだけ先行してしまい、音声が流れだしても問題文・選択肢を読んでいくと、先ほどの話ではありませんが、音声に100%集中することが出来なくなってしまいます。

 

音声が流れだした序盤に、正解を決定づけるポイントが流れてくることだってあります。

 

だから私は「問題文だけ先読み」することで、「何が問いとして出題されるか?」だけ把握しています。

 

次の問題の3文だけなので、5秒あれば行けます。

これだと焦る心配もグッと減りますし、先読み出来なければ出来ないで、音声に集中すればいいだけのこと!

 

昔は先読みしなきゃダメって勝手に思い込んでいたので、音声に集中することが出来ずあまり正答率が高くなかったのですが、

気を楽にしてあくまで音声を理解することに意識すると、リスニングセクションの正答率は安定するようになりました。

 

 

リスニングセクションには「聞き取る能力」だけじゃなくて「語彙力」も必要

 

リスニングセクションを解くに当たって、聞き取る能力が必要なのはわかると思いますが、

同時にそれなりの語彙力も必要となってきます。

 

語彙力が無ければ…

  • 流れてくる単語の意味が分からない
  • 選択肢の意味が分からない
  • 特有の言い回しの意味が分からない

 

音声を聞いているときに意味の分からない単語が連続して流れてくると、一気にその問題は迷宮入りしますし、

内容は分かるんだけど選択肢が絞れない、なんてことも起こり得ます。

 

だからこそ私は、英単語を覚える時も必ず音声と一緒に勉強するようにしています。

 

 

語彙力をきちんと固めることで、スコアは一気に上がるし安定すると思います。

「え、またこの単語出てきたじゃん」みたいな(笑)

 

 

まとめ:毎日少しずつでも「聞く習慣」が大事

 

結局TOEICにテクニックなんて必要なくて、正しく早く英文を理解することができれば、高スコアを取ることなんて容易いと思っています。

 

小手先のテクニックに頼るのではなくて、コツコツ英語力を伸ばすことがTOEIC高得点への道なのだと思って…今日も模試を解いていこうと思います(笑)

 

因みに私がリスニングセクションを鍛えるために取り組んだ問題集は以下の本です!

 

5回分のリスニングセクションを受けることができ、解説も非常に読みやすかったです!オススメ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました~!

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! --------------------------------- ブログ運営の目的は 1、ブログを読んでくれた人が少しでも有意義な情報を持って帰ること 2、タイピングスピードを速くすること 3、自分が考えたことを文字化して記録すること ...etc ------------------------------ 真面目で寂しがり屋な性格です。コメント一つもらえるだけですごく喜びます。ブログを通して色んな人と交流出来たらいいなと思っています!(超重要) 興味があることは仮想通貨と身体作りとWebツール全般と杏仁豆腐のおいしさの秘密です。 ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!