【インターン】インターン生活の楽しさ

Sharing is caring!

リューです!

大学4年生になって、研究室とインターン、時々資格試験…の日々を送っています!

 

4年生も半年過ぎて折り返しに入りました!

この半年の忙しさは、大学1年から3年までの忙しさをギュッとまとめた感じ…やっと最近リズムに慣れた…

 

でもこれまでの大学生活で今が一番収入が多い!それはなぜか。

 

…自分が長期インターンにドはまりしているから。

 

インターン応募までの記事はこちら

岡山に「医療×IT」の長期インターンが誕生する!

 

今年の7月から本格的にインターン業務を始めました。

そろそろ4か月目に入ろうとしているのか…

 

と同時に今年に入ってからアルバイトを完全に断ちました!

もっと早く「アルバイト」→「インターン」に切り替えたかったと思うばかり。

(今のインターンが今年から始動したっていう仕方のない現実)

 

それは「インターンの楽しさ厳しさを知ったから」からです!

 

モチベーションの強さ

岡山に進出した医療IT系のインターンの募集を見つけた時の私は、

  • 「プログラミング」って好きだけど、独学を貫くのはしんどいし、何か目的が欲しいな~!
  • 大学生になってアルバイトしてきたけど、巷で言う「アルバイトでの社会経験」はもう十分。インターンってものを経験したいな!
  • 専攻は化学工学だけど、雇ってもらえるかな?

このくらいの心意気で応募しました!

 

この時のモチベーションは「スキルが得られる」「お金」ぐらいだったと思います。

スキルと言ってもアルバイトでは得られないようなスキルであることは分かっていたし、お金も時給制でそこそこOK!

 

しかし実際インターン業務を説明され業務を進めていくと、当初のモチベーション、とりわけお金の方は目に入らなくなりました。

その1番の理由は「インターン事業の将来性を感じるから」だと思います。

 

大学での自分の研究≠社会貢献 インターン事業≒社会貢献

現在大学の研究室で卒業研究を行っていますが、「自分の研究が社会の役に立つ」という自信はあまりありません。

上手くいけば確かに活かせなくはない…程度。

 

ですがインターン先で関わらせてもらっている事業は、総務省IoTサービス支援事業にも選ばれていて、

今後の日本社会において活躍する目星がついている事業です。

なので自分の取り組んでいることが大きく社会貢献を果たす(かもしれない)業務をしています。

 

大事なことを言います。この意識があるかないかで、ブラック業務・ホワイト業務が決まります。

※ブラック業務、ホワイト業務って言葉実際あるのか知らんけど。

 

 

先ほどの「スキルを得られる」「お金」にプラスして大きなモチベーションをもって業務できています。

アルバイトで言うところの「お客様の笑顔」が置き換わった感じでしょうか?

 

この理由から、研究もしなきゃですがインターンにも注力している毎日を過ごしています。

もちろんインターンにはアルバイトとは一味違う厳しさ・プレッシャーがある訳で、ストレスが全くないわけではありません。

特に始めたての7月8月はプレッシャーで少し辛い時期ではありました!(これは別記事で!)

 

ですが日々の業務や本社の社員との会食を通して、学生ではあるけど準社員として期待されていることが分かってきました。

自分で言うのもなんですが、だいぶ良い環境を作ってもらって良い業務を任されて良い勉強をさせていただいています(笑)

 

来年からは修士研究・就職活動(既に?)もありますが、インターン先も間違いなく残り続けそうなので、楽しんで業務を全うしていこうと思っているリューでした!

 

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!