【大学生】単位を取れる人と落とす人の差

Sharing is caring!

リューです!

 

大学生にとって大切なモノ。

それは「単位」です!!

 

どんなに容姿が良くてスポーツ万能で人当たりが良くても、「単位」がもらえないと大学は卒業できません!

 

高校生までは学校側が何とか卒業させたいのか、普通に学校に通っていれば大層なことが起きない限り卒業証書はもらえます。

ですが大学からは違って、「自己責任」の幅がグッと広がります!

地元を離れ一人暮らしする人もいるし、高校まで勉強勉強だった高校生は大学生になって初めてアルバイトを始める人もいます。

 

そして卒業のために勉学に励むことも「自己責任」となります!

単位が取れなきゃ大学(教授)側はバンバン留年させます。

 

留年しても次年度で単位を回収すればいいのですが・・・1個年下の人たちと授業受けたり実験をしたりしないといけませんよ!

こないだまで同級生だった友達は次学年に進んでいるのに自分はまた同じ講義を取らなくてはいけない。

 

新入生のあなた、単位を落としてから後悔しても遅いですよ?

 

 

単位を「とことん落とす人」と「取ることが当たり前の人」の2種類に別れる

 

単位は「とことん落とす人」と「取ることが当たり前の人」の2種類に分かれます。

「たった一つだけ単位を落としてしまったー!」という人もいますが、

そういう人と「単位は取れて当たり前の人」は単位取得に対してシビアに考えなくてもいいと思います!

 

 

そもそも単位を落としてしまう原因は?

 

単位を落としてしまう理由は色々あります。

  1. 出席回数が足りなくて試験を受けさせてもらえない
  2. 試験の点数が及第点に足りない
  3. 寝坊で試験を受けそびれた
  4. 病欠で試験を受けそびれた

 

4番の病欠で試験を受けそびれた場合は、担当教員の意向によっては試験の代わりにレポートで単位を認定するという場合もありますが、

3番はほぼ間違いなく救済処置はないと思った方がいいです!

 

よって1~3番が単位が落ちてしまう大きな原因です。

 

 

単位を落としてしまう人の特徴

 

1:勉強よりバイトを重要視する人

 

単位を落とす人は、「アルバイトを週の半分以上でやっている人」が多いです。

アルバイトでお金を稼がなきゃ大学に通えない人もいると思うし、事情はそれぞれあると思います。

 

でも単位取れなきゃ大学卒業できませんよね?

何のために大学に入ったのか。

身を粉にしてアルバイトに努めるために授業料を払っているわけではないですよね!

 

アルバイトをしていても単位を落とさない人はたくさんいます。というか大多数です。

 

毎日何かバイトに費やしている人ほど単位取得に対して軽視している傾向が強いです!

 

 

2:講義に来ても話を聞かない人・スマホばっか触る人

 

講義室までは足を運ぶけど、先生の話を全く聞かずにスマホをいじる人は単位を落としがちです。

出席を取ってもらうことがゴールになっている人です。

 

出席を取ってもらうために大学に通っている訳ではありませんよね!

 

私は、成績を付ける際の「出席点」というものは廃止、あるいは最小まで小さくしていいと思っています。

出席点目的で代筆を頼んだり出席を取ってもらって帰る人とかいますからね!

見ててイラっとします!

 

 

話を聞かない、あるいは講義内容に対して「考えること」をしないと試験で点数がとれません。

よって及第点に達せず、単位が取れない…ということになります。

 

 

 

3:講義に来ない人

 

そもそも講義に来ない人は単位を落とす確率がめっちゃ高いです!

まあこれは当然ですが。

 

部活動の関係で1回休んでしまったとか、病気で休んだとかは全然セーフですが、

日常的に「講義へ行かない」という癖がついている人は、単位を落としてもおかしくないです!

もちろんこれで単位を取れる人もいます!が少数です(笑)

 

 

4:「単位を落としている人」に囲まれている人

 

周りの知り合いが単位を落としまくっていると、だんだん単位を落としてしまっても大したことない思考になってしまって、

落とすことに抵抗を感じなくなってしまいます。

 

大学はクラスがない分、数人のグループで固まることが多いのですが、

グループの一人が単位を落としまくっているとすると、大体そのグループ全員単位を落としています。

 

 

5:なんだかんだ救済されると思っている人

 

…そうですね、救われればいいですね。

 

 

単位が取れて当たり前の人

 

1:講義には90%以上参加してて話を聞く人

 

講義にちゃんときて、スマホは弄っても適宜集中して話を聞く人。

この人たちはほとんど単位を落とすことはありません!

 

「単位を取る」ということを優先して行動していますからね!

 

2:しぶとく先生に質問しに行く人

 

毎講義後に先生の元へいって質問をする人がいますが、そういう人もキッチリ単位を取る人です!

質問するの恥ずかしいかもしれませんが、どんどん行ったらいい思うし、恥ずかしいなんて考えなくていいと思います!

 

なんだかんだ勉強熱心な人に先生は優しいです。

先生側は「自分の講義をちゃんと聞いているんだな」という自尊心を保つことに繋がるからです(笑)

 

3:勉強をするコミュニティーに所属している人

 

コミュニティーなんて言いましたが、要は近くに勉強をする友達がいるかどうかです。

過去問をよく集めてくれる友人がいれば過去問を手に入れることも容易いし、テスト前になると一緒に勉強してくれる友達が周りにいると勉強が捗ります!

 

 

過去問を手に入れるために友達を増やす、というのはあまり賛同できません。

戦略的に友人を増やすことは後々嫌な関係に発展するかもしれないからです。

 

 

だけど自分が勉強をちゃんとしようとしていたら、自然と勉強仲間は増えていきます!

類は友を呼ぶってマジだから!

 

4:「単位を落とす=恥ずかしい」という人

 

これは思いっきり私です!

自分はすごい周りの目を気にするので、「あの人、単位落としたんだって~」と後ろ指刺されるのが本当に嫌なので単位は落としません。

ただ自分の場合は勉強が好きなので!(笑)

 

単位を落とすことに抵抗がある = 単位を落とさない行動をとる傾向が強いので、

そんな人は単位を落としてしまうことに悩む場面は少ないです!

 

 

まとめ:「勉強をしていたら褒美で単位がついてきた」が理想

 

「単位され取れればいい」という考えよりも、

「習ったことは身につけよう」という精神でいると、気付けば卒業単位はそろっているものです!

 

その大学に入学できた時点で、その学校で習うレベルのことはある程度吸収出来て当然という認識をもって、

のびのび勉強したらいいと思います!

 

大学生のあなたが単位の関係で留年にならないことを願っています!

※留学等の事情で留年は別の話!

 

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!