【お金】時間は皆平等だから、お金に「働いてもらう」

Sharing is caring!

リューです!

 

「お金」って社会で生きていくためには欠かせないものですよね?

貨幣制度が整っている社会では、お金というものは様々なモノやサービスに変化します。

 

生活に最低限必要とされる衣食住を確保することだって、今私が使っているパソコンや家電など便利なものを得ようとすることだってお金はかかる。

病気にかかってしまった時の診療・治療や、家族友人恋人と旅行に行くことだってお金は必要です。

 

よく「お金に執着しすぎることは己を滅ぼす」なんて言いますが、私はお金がない方が心身に支障きたす可能性は十分高いと考えます!

 

私は別にお金の亡者ではありませんが、それなりに「お金は欲しい」という欲望はもっています。

 

Twitterとかでよく来るビジネスの勧誘に「乗りかけた」こともあります。

 

この時は、お金が欲しいという気持ちもありましたが、「どうやってお金を発生させているのか?」という純粋な疑問も持っていました。

そして勇気をもって(?)半身を乗り出した結果として、見える世界が少し変わりました。

 

「お金の稼ぎ方って労働するだけではない」ということを知りました。

 

だからブログも始めたし、色々なことにアンテナを張るようになりました!

今話題の仮想通貨にも、平気で手を出すくらい好奇心旺盛になりました。

 

「お金を稼ぐ=労働」だと思っていた

 

私は大学生です。他の多くの大学生に囲まれて生活をしています。

去年までは私を含めた周囲の人は、アルバイトでお金を手に入れていました。

 

私の大学周辺のアルバイト時給は800円~1000円ちょっとくらいです。

「大学時代」という時間のうち1時間を1000円札に換金しています。プラスαの労働力も添えて。

 

そのこと自体は全く問題ないと思うし、家でダラダラ飲んだっ暮れるより良いと思います。

 

でも滅多と講義に参加しない友達が「先月バイトで10万稼いだった(笑)」みたいな大学生を見ると、少し不思議な気がしてなりません。

大学辞めたらいいのにって思います。

お金稼いでる方が楽しそうですもん(笑)

 

お金を稼ぐのには「相応の労働力が絶対必要」って思う人いるかもしれませんが、案外そんなに労働力をかけなくてもお金は稼げたりします。

 

仮想通貨なんて最たる例で、

「口座作る→入金する→仮想(暗号)通貨と円を交換する→価格が上がれば利益/下がれば損失」

たったこれだけでアルバイト並みの時給の何倍も高効率なお金稼ぎができます。

※私は2017年の9月から始めており、税の関係で確定させていませんが100万ほどの含み益を持っています

 

スマホを弄りまくる大学生なら簡単に口座を開くことができます。

 

 

思っているより「労働力がいらない」お金稼ぎっていっぱいあるんですね。

 

 

必要なものは労働力じゃなくて「お金」

 

労働力の対価としてお金をもらう最大の欠点は「時間が有限である」ということだと思います。

1日24時間、皆平等に与えられます。

時間が有限であるという事は、こちらから払える対価に限度があるということです。

 

そこで、「人間が働いてお金をもらう」のではなく「お金が働いてお金をもらう」というのはどうでしょうか?

 

例えば銀行の利息です。

今の日本の利息率は恐ろしいほど低水準で、どこの銀行もどんぐりの背比べです。

 

そこで両親は少しでも利のいい定期預金に貯金をしてくれていました。

が、それでさえも今の私からしたらもったいないと思います!

 

「定期預金にするくらいだったら長期で投資信託に積み立てるわ!!」

 

 

約10万円を1年間にわたって分散して投資すると約5000円のお金がもらえました。

10万円を銀行に預けていたら、何円の利息がつきますか?

1円玉で数えられてしまうくらい僅かだと思います。

 

働き続ける1年間がいいか、お金を預けて働いてもらう1年間がいいか。

 

ただこれには、ある程度のお金を持っていることが前提です。

さっきの例でいうと、10万円なら5000円、1万円なら500円、100万円なら50000円、といった具合に、元手が大きければ大きいほど利益も大きくなります。

 

 

さらに加えておくと、投資信託も仮想通貨も「元金保証(払った分は必ず返ってくる保証)」がないですし、「課税対象」といった欠点もあるので、少し勇気が必要なものではあります。

 

 

お金はあればあるほど「磁石」のような働きをしてくれる

 

お金は最低限あれば生きていくことができるが、もっとあればもっと生活が豊かになる。

私はそう思います!

だから女性は結婚相手に高収入であるという条件を付けるんですよね。豊かに生きていきたいから!

 

そしてお金を多く持っている人は、少ししか持っていない人に比べて容易にお金を稼ぐことができます。

なぜなら、

  • お金持ち→「お金に働いてもらう」or「労働力を支払う」 (あるいは両方)
  • お金が少ない人→「労働力を支払う」

という選択肢の幅が違うからです。

 

ただ、元手が少ない人でも「ブログ」は大きくお金を発生させる可能性を持っています。

私はお金稼ぎのためだけにブログを書いている訳ではありませんが、お小遣いの足しになる程のお金はこのブログから得ています。

 

欠点は「時間が掛かる」ということくらいでしょうか?

でも自分の時間を払っている訳ではないので気になりません!

自分は自分のしたいことをすればいい。

 

まとめ:お金を稼ぐには広く視野をもつことが重要

 

「自分にはこれしかお金を稼ぐ手立てがない」ってなると窮屈に感じてしまいます。

自然と嫌でも働くしかなくなり、生活が楽しくなくなります。

 

ブログを書いていると、色んな人のブログを訪問するようになって視野が広がり、「あ、こんなお金の得方があるんだ!」って勉強になることも多々あります。

 

以上、労働力を払わなくてもお金は得られるよ!って話しでした(^^♪

Sharing is caring!

応援してね☆彡

ABOUTこの記事をかいた人

吉備団子が有名な土地の国立大学に通う理系学生です! 趣味はダーツと読書と旅行です。2017年に初めて外国(ベトナム)に行ってから、海外旅行にもすごく興味をもちました!台湾も行きました! 好きなものは杏仁豆腐で、嫌いなものは餡子です。 専攻は化学工学で、2018年から研究室生活! ブログ運営に当たって至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします!